2017年12月20日水曜日

2017.12.20 ソースタイン・ヴェブレンの頁 ガルブレイス「経済学の歴史」より

画像クリックでオリジナル画像表示

242

244

246

248
からかわれることだけは、大富豪にとって我慢できないことであった。そして特に、一文なしの知識人が金持ちよりも社会的にすぐれていると感じることを可能ならしめるようなからかいは、断じて我慢ならぬことであった。

このからかいをヴェブレンは『有閑階級の理論』において成し遂げたのである。(中略)富豪は人類学的現象だとされた。(中略)彼は近代の富豪を未開人と同類視した。(中略)

「有閑階級という制度は、野蛮人の文化が比較的高度な段階に入ったときに最も発達した形で見出される。」

そして野蛮人の種族の儀式に対応するものは、ニューヨークやニューポートの大邸宅における晩餐会、舞踏会その他の歓待である。パフアにおいても五番街においても、こうした歓待は競い合う見せびらかしの競演である。

「ポトラッチや舞踏会のような高価なもてなしは、こうした目的に特にかなうものである。」パフアでもニューヨークでも、種族の指導者はその女たちの飾りを大いに重要視する。


250

252

0 件のコメント:

コメントを投稿