2017年12月4日月曜日

メモ2017.12.04 『日本1852』-ペリー遠征計画の基礎資料- チャールズ・マックファーレン著 渡辺惣樹訳

更新2018.04.05  読者へ 追加参照
更新2018.04.05 【第十章 娯楽、嗜好、民族性】追加参照
更新2017.12.24 【第五章 政体】一部追加 参照
更新2017.12.09 【第十一章 言語、文学、科学、音楽、絵画】追加 参照

※訳者まえがきより、

『日本1852』は、アメリカ世紀のプロジェクトとも言える日本開国計画に強い関心を寄せるアメリカ国民に向けて書かれた。(中略)ペリーは日本開国交渉の本質が、米国に莫大な富をもたらす支那市場への太平洋蒸気船航路(太平洋シーレーン)を安全なものにすることであることは十分に理解していた。

ペリー提督の娘キャロラインは美貌で知られ、ニューヨークの富豪オーガスト・ベルモントに嫁していた。ベルモントイギリス・ロスチャイルド家のエージェントであった。ロスチャイルド家にはベルモントの他にもう一人のエージェントがいた。それが法律家アーロン・パーマーだった。このパーマーこそが「日本開国計画」を立案し、時の政権に建言した人物だった。(中略)

ペリー提督は計画の狙いやその重要性は理解していたものの、交渉相手となる日本についての知識は乏しかった。そんな彼にとって東回りの長旅は幸運だった。何冊もの日本を理解するための書を読みこんだ。その中の一つが本書『日本1852』だった。

P173 ケンペル(wiki)はこうした日本の言葉や民族の特徴などから、耳を傾けるべき貴重で信憑性のありそうな推論を述べている。

日本人という民族は起源をメソポタミア周辺に持ち、そこからゆっくりとカスピ海沿岸に移動した。エニセイ川(モンゴルから北極海に注ぐロシア連邦にある川)やセレンガ川(モンゴルからバイカル湖に注ぐ)などが形成した渓谷を

P174 抜けアーグイーン湖(Lake of Argueen:現在どの湖を指しているか不明)のあたりまでやって来るのだが、厳しい寒さでこの地に定住できなかった。そこから流れ出る同名の川の渓谷に沿って移動するとアムール川(Amur river 原文ではAmoor riverと表記。中ロ国境を流れ、オホーツク海に注ぐ)となる。この川は東北東に流れている。

この渓谷に沿って移動するとアジア大陸の沿岸部に到達する。東の海に注ぐアムール川をあとにして、さらに朝鮮半島に移動する。当時この半島には人が住んでいなかっただろう。ここまで来ると日本まではそう遠くない。また危険でもない。日本列島へはほとんど一定の間隔で並ぶ島を伝っていけばよい。夏に移動すれば危険度はより低下する。ちょっとした漁をするような小舟を操れば海峡を渡れただろう。

ここまでの移動の間に大きな湖や川を渡ってきただろうし、しばらく過ごしただろう期間には魚を捕って暮らした時期もあったろうから、操船の技術は持っていただろう。朝鮮半島で暮らした時期もあっただろうから、その間に漁師として航海のノウハウを身につけてたと考えられる。

この大移動は一年とか五十年、あるいは百年といった短い期間で達成されたのではない。移動の途中で暮らしやすいところに留まって生活し、周囲の遊牧の民に圧迫されるようになると新たな牧草地を求めて移動した。新鮮な水と牧草があればそこに落ち着いた。

こんな生活を続ける民族をアジアでは今でも見ることができる。近いとこ

P175 ろではトルコにそれを見ることができる。この地方の遊牧民は暮らしを営んでいる地方のパシャ(Pashalik。部族の長であるパシャ(Pasha)の支配する地域)に圧迫され始めると他のパシャが支配する地域に移動する。そこで圧迫が始まれば同じことを繰り返す。誰の支配もところまで移動は続く。

このようなケンペルの推論は、日本語が他の言語から独立していて混合がないことからきている。移動の過程で一か所に長期定住したり、周辺にいた部族と交わることはなかったに違いない。長期の定住があれば、そうした土地の言葉が日本語の中に相当取り込まれたはずなのだ。

日本島に辿り着くと、西部の海岸からさらに南に移動した。土地は肥え、温暖で健康にすこぶるよい気候。ここでは安全で落ち着いた、そして快適な住環境があった。今では日本人は、先祖はもともとこの国いたのだと主張する。そういうわけで、日本では祖先の聖地を巡る旅が盛んで、祖先を崇拝する行為も豊富にある。

日本人が実際にどう移動してきたか、あるいはそれはいつごろだったのかは、はっきりしないものの、遠い昔にアメリカ大陸に日本人がやって来たことは、ほぼ間違いないだろう。

チャールズピッカリング(アメリカの自然学者、医師。1805-78年)は次のように述べている。

P176 「ポリネシア族は、南アメリカとは広大な海で分離している。この海は波が荒く、南アメリカの方向には常に逆風が吹き、海流も同様に逆に流れているので、西から大陸へ接近することは難しい。カヌーを使ってアメリカに向かうとなると、どうしてもカリフォルニアの北端を目指すことになる。この辺りが民族移動の競争が始まったところだ。メキシコでは、サンフランシスコはマニラ-メキシコを結ぶ航海ルート上にあると昔から言われてきた。

日本からアメリカ大陸に接近するにはカリフォルニアは有利な場所である。現在は日本の鎖国政策のため、日本からの船は海難事故による漂流によってしかこの沿岸に現れることはない。それでも近年、北の海で捕鯨船に救われたケースや、サンドウィッチ諸島(ハワイ諸島)で遭難したケース、漂流してコロンビア川河口の沿岸に漂着したケースなどがある」

参考資料 東アジアのY染色体ハプログループ移動図 (異なる年代の移動を同一の図に表している点に注意)(出典



読者へ2018.04.05追記 ※画像クリックでオリジナル画像を表示


第五章 政体(途中から)2017.12.24追記 ※画像クリックでオリジナル画像を表示


第十章 娯楽、嗜好、民族性2018.04.05追記 ※画像クリックでオリジナル画像を表示


第十一章 言語、文学、科学、音楽、絵画2017.12.09追記 ※画像クリックでオリジナル画像を表示


0 件のコメント:

コメントを投稿