2018年5月30日水曜日

偏愛メモ『誰が第二次世界大戦を起こしたのか--フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く』

P62 ロイドジョージの訪問に続いたのがハリファックス卿である。ベルリンの国際スポーツ博覧会への出席に併せて、彼もベルヒテスガーデンまで足を延ばしてヒトラーと会談している(1937年11月19日)。ハリファックス卿は、ベルサイユ条約によるオーストラリア、チェコスロバキアおよびダンツィヒに関わる線引きの変更については反対しない、と伝えた。ただし、それを平和的な手段で行うことが条件であった。ハリファックス卿の考えはイギリス政府の考えを示すものであることは、彼が翌38年2月に外務大臣(チェンバレン内閣)に登用されたことからも明らかだった。ヒトラーは、ハリファックス卿の訪問をことのほか喜んだ。

■チェンバレンの世紀の愚策、ポーランドの独立保障 1939.03.31 P89

■偏愛メモ 
1936.11.25 日独防共協定
1937.07.07 盧溝橋事件→支那事変(日中戦争)の始まり
1937.10.05 ローズベルトの隔離演説
1937.11.06 日独伊三国防共協定
1937.11.19 ヒトラー・ハリファックス会談
1938.09.29 ミュンヘン協定
1939.03.31 チェンバレンの世紀の愚策、ポーランドの独立保障宣言

1939.05半ば ノモンハン事件、日ソの戦い勃発
1939.07.26 日米通商航海条約廃棄通告
1939.08.23 独ソ不可侵条約
1939.09.01 独、ポーランド侵攻 英仏、対独宣戦布告
1939.11   米、中立法改正、武器輸出許可制で可能に

1940.01.26 日米通商航海条約失効
1940.05.10 独、ベネルクス三国に侵攻
1940.05.半ば 独、フランス侵攻
1940.06.14 独、パリ無血入城 06.22休戦協定
1940.07.22 米内内閣(1940.01.16~)崩壊
1940.07 米、英国に無制限援助
1940.09.27 日独伊三国同盟

1941.03.11 米、武器貸与法 英、中、ソなどに支援可能となる
1941.04.13 日ソ中立条約
1941.06.22 独、ソ連侵攻
1941.07.26 米、在米日本資産凍結
1941.08.09-12 大西洋会談、チャーチル、ローズヴェルト→大西洋憲章
1941.10.03 米、日米首脳会談は行わないとの回答、支那大陸、仏印からの撤兵、三国同盟からの離脱を要求
1941.10.17 東条内閣誕生
 

■偏愛メモ 『鮎川義介と経済的国際主義』 ・ディロンリード投資銀行とオライアン訪日団 P204-P221 https://ghoti-ethansblog.blogspot.com/2018/05/blog-post_31.html

0 件のコメント:

コメントを投稿