2018年4月29日日曜日

偏愛メモ 『モルガン家(上)』R・チャーナウ著

第6章 トラスト 二面性P192-198

P193 ただモルガン財閥は、金持ちのための社会主義を説いたから、貧乏人のための社会主義を唱える連中といつも一部似通った点があった。ピアポントと テディ・ローズベルトの考え方の似通ったもう一つの側面は、パナマ運河

P194 買収事件に見ることができる。ローズベルト大統領は、国内では行き過ぎた金融権力を厳しく非難する一方で、海外ではこれを有難く利用した。1902年、アメリカがフランス側から未完のパナマ運河を買収する資金として、連邦議会がローズベルト大統領に四千万ドルの支出権限を与えた。その二年後、ピアポント・モルガンは、この史上最大の不動産取引の資金面の責任者として、フランスへ行って支払の金塊の現送を監督し、残金を外貨で支払った。

また、これと前後してコロンビアから分離独立したパナマ共和国が、運河地帯の永久使用・占有・支配権と引き換えにアメリカから支払いを受けることになると、J・P・モルガン商会をパナマ政府のウォール街での財務代理人に任じたので、同商会はアメリカ政府からの支払金を一手に取り扱う権利を得た。(中略)

このように、ローズベルトとモルガンは非難攻撃し合っても、その背後にはいつもある程度有無相通じた動きがひそんでいて、両者が大きな敵意を抱いているかに見せかけたものの、実際はそれほどでもなかった。

         (中略)

P197 ピアポントの欲望をすっかり満たせる女性がいたかどうかについては、はなはだ疑問に思える。ピアポントには--礼儀正しい銀行家と極端な好色家--二つの側面があって、それを非常に苦労して一緒に結び付けていたが、一つのものに融合することはできなかった。そのため、女性に対する彼の態度は、いつも相手によって極端に違った。銀行内で女性を従業員に雇うのに厳しく反対し、女性とは商談もせず、まったく別世界の住人と見な

P198 した。ところが、自宅を訪ねてくる女性客にはまったく別人の態度で接した。ある女性の来客が、あなたの自宅ではとても面白い人なのに、職場では恐怖の的だという噂を耳にしたわ、とピアポントをからかったことがあった。ピアポントは、顔を赤らめて抗弁し始めたが、やがて「どうもあなたの言う通りかもね」と言った。

ピアポントにとって、結婚は思慮分別を必要としたが、貞節を要求しなかった。彼はかつて同僚に向かって「人間というのは、いつも自分のやることについての二つの理由--まことしやかな理由と本当の理由--をつけるものだ」と述べたが、ウォール街の良心を自認する人にしては、本心を打ち明けた言葉だ。

第11章 爆発 第一次世界大戦後 パリ講和会議での役割など P332-340

P334 第一次世界大戦に伴うユダヤ系投資銀行の退潮につれて、J・P・モルガン、ナショナル・シティ・バンク、ファースト・ナショナル・バンクの三行から成るヤンキー連合勢力が、ウォール街を牛耳るに至った。(中略)

P335 第一次大戦が終わると、金融界の外に対する風向きが変化して、経済と政治の混じり合った領域が生まれ、銀行家が政府の大使として働く例が増えてきた。この<ドル外交の時代>の到来は、モルガン財閥ではきわめて顕著にみられ、やがて同財閥は一種の影の政府に発展し、政府の政策と連携して行動することになる。(中略)

P336 ジャックモルガンが性格から策を弄することができなかったのに対し、ラモントの政治的な考え方は柔軟で、民主、共和どちらの党の政治家とも話を合わせられた。(中略)

P337 彼のこうした度量の広さは、時には信念に欠ける無節操と変わらぬところがなくもなく、日和見気味の場合すらあった。国内経済の諸問題では、ありきたりの共和党的考えだったが、国際機関や市民的自由の問題となると、民主党の知識人層がウォール街にしては、<稀有な人物>と驚くほど、彼らの好みに合うリベラルな意見を抱いていた。

晩年には、ハーバード・フーバーと並んでフランクリンローズベルトといった、両極端の大物政治家をその親友のうちに数えたものだ。

第12章 彷徨 中国借款団そして日本とのかかわり(1920年代前半) P370-378

P373 穏やかならぬラモントの中国視察旅行と比べると、帰途の1920年に日本まで足を延ばした旅は、はるかに楽しいもので、これがきっかけで日本と親しい関係が生まれた。当時の日本は、すでに<アジアの英国>と呼ばれるほどで、ラモントにすれば最高の投資推奨対象であったし、日本とアメリカの両国が太平洋地域で優勢になるにつれ、従来より緊密な金融関係を結ぶべき時機が到来していた。

日本も合衆国と同様、大戦中に船舶や軍需品を連合国に売って大いに繁盛し、その金準備は百倍にも増え、アメリカにとっては第四位の大きな輸出国となっていた。

政治情勢も幸先よく、ラモントの出会った当時の日本には、欧米の銀行家たちと進んで交際を求め、新しい外国勢力に国の門戸を開放したがる、リベラルな考え方の人々がいた。その頃は、開明的な貴族階級が軍国主義者たちを押さえていた。日本経済を支配して

P374 いたのは、財閥--つまり核となる銀行のまわりに集まった商社と企業の複合集団--で、急速に海外へ進出しつつあった。そして、日本と英国との長年の同盟関係が弱体化するにつれ、その穴をアメリカ合衆国が変わって埋め始めていた。

第17章 ホーリー・スムート関税法 P506


第17章 大恐慌 日本とのかかわり(1920年代末-1930年代前半)P528-542

0 件のコメント:

コメントを投稿